看護師を目指す男性

つい先日の話だったでしょうか、親戚の息子さんで医療関係を目指していた方が、東京都の看護師求人を見つけ、応募したという話をそれまでのいきさつは忘れましたが、聞きました。確か受験の話から発展してその話に至ったような気もしますが、今時はやはり普通に学校に行って卒業して…では社会に通用しない世の中になってきているのかと思うと、色々と不安にもなるというもの。 さて、看護師は一昔前に看護婦から看護師へ表記が統一されてから、やや男性も目指しやすい職業にはなったかとも思われますが、やはりまだまだ女性が中心の業界で、それだけならまだしも、そのことが業界人口を不足させている傾向にあるようです。女性は(どの業界でもそうですが)結婚や出産といった、様々な要因によって一時休職を余儀なくされるタイミングがあります。そのまま退職してしまうパターンはもちろん、医療業界の場合、少し業務から離れていると、その技術の進歩から取り残されてしまい、結局戻るに戻れなくなってしまうパターンも数多く存在するようです。業界の水準を高めるための技術革新が、却って業界の人口を伸び辛くしてしまうという皮肉と言えば皮肉な状況と言えましょう。 その意味で、これからはむしろ看護師も男性の割合を増やしていくのが良いのかもしれません。冒頭で述べた親戚の息子さんのように看護師を志す男性が増えていけば、医療そのものの技術だけでなく、医療に携わる人間全体の技術も高められることでしょう。